《届出山行》京都教職員互助組合ハイキング
『大江山 千丈ヶ嶽』832.4m
山行日
参加者
2024年5月25日(土)晴れ
2名(他32名)
コースタイム 京都駅7:50発=9:40到着

登山口グリーンロッジ10:10発――登山口10:40-――12:00鍋塚――13:30大江山頂上13:40――鍋塚――15:45登山口グリーンロッジ
  現職の時には3泊4日などの日程で、北アルプスや尾瀬等に教職員やその家族と共に「登山祭典」として登ったが、京都府からの支援金が減らされ、ハイキングとなった。今回は鬼で有名な「大江山」。ここは連峰になっていてその総称が大江山となっている。11歳の小学生から参加者が25名(3班)、スタッフは9名。
  高速に乗ると1時間余りで登山口に着く。途中からの道沿いには「赤鬼」「青鬼」等がいっぱい出迎えてくれる。登山口にはいろいろな施設がありキャンプ場もある。
  大型バスが登山口まで通れないので、その分余分にアズファルト道を歩く。ジグザグの登山道を上がると、素晴らしい眺めが迎えてくれる。はるか遠くに千丈ヶ峰方面が望める。1時間強で駐車場やトイレがある鍋塚の休憩場に着く。久しぶりでハイキングをするという方の靴底(踵と前の方)が剥がれ、ガムテープとテーピングテープでグルグルと巻き歩いてもらうことに。久しく使ってなくて劣化したようだ。
  ここから岩場もあり変化のとんだ登山となる。30分で「鳩ヶ峰」。周囲がすべて山並みで、皆、気持ちよさそうに眺めている。頂上での下山の最終時刻が13時半。皆さんの足並みを考えると大丈夫かなと思ったが、せっかく参加したのに登らなくてはと思い、頂上まで頑張ろうと声を掛ける。「鳩ヶ峰」からぐっと下り登ると階段が待っている。平地になったかと思うと2度目の階段が。何とか登り頂上へ。皆、感激をして写真を撮る。
  下りは早く16時までに全員到着。ここは戦前から「ニッケル」の鉱山があり、日本人以外にも日本軍が捕虜とした連合軍も働かされた。終戦とともに閉鉱になったとのことが看板に書かれていた。   ヒヤリハット・・・なし 

登山口 グリーンロッ

尾根に出て小休止

歩きやすい道が続く

鳩ヶ峰頂上から

正面が大江山

大江山(千丈ケ嶽)
  
inserted by FC2 system